楓ちゃん誘拐殺害事件から17年 父が手記「喪失感埋まることない」

奈良市で平成16年、市立富雄北(とみおきた)小学校1年の有山楓(かえで)ちゃん=当時(7)=が誘拐、殺害された事件は17日で発生から17年となる。楓ちゃんの父、茂樹さん(47)が現在の心境を手記にまとめ、奈良県警を通じて公表した。全文は次の通り。

今年で事件から17年が経ちます。子どもの見守りや被害者支援の拡充など、地域、警察や行政の様々な取り組みが全国で広がっています。

この17年という年月は、私にとって前に進み、変わることが出来たのか改めて考えさせられます。どれだけ思っても楓は戻ってこない、大切な命が突然奪われた喪失感は埋まることもなく、子を守る親の責任を果たせなかった自責の念が消え去ることはありません。

事件後、日常で失ったものは数えきれません。不安定な気持ちから自ら断ち切ったこともあります。そして、死刑を望んだことで自分自身が加害者であるかのような思いに駆られもしました。悲しみや苦しみ、後悔と同じように、楓の声や表情、思い出も変わることはありませんが、楓の成長が新たに積み上げられることもありません。

周りの方がそっと支えてくれ、楓を忘れずにいてくれることで気持ちが楽になり、今の私が少しずつでも前を向いて生きているんだと感じます。

大切な命を突然奪われるといったつらい思いは誰にもしてほしくありません。子ども達の笑顔が溢(あふ)れる社会を心から願います。

(表記は原文のまま)