北京、陰性証明義務付け 入る際に、五輪へ厳戒

北京市内に掲げられた北京冬季五輪・パラリンピックの横断幕=10月(ロイター)
北京市内に掲げられた北京冬季五輪・パラリンピックの横断幕=10月(ロイター)

北京市は17日から、新型コロナウイルス感染の拡大を防ぐため、市内に入る全ての人に48時間以内に受けたPCR検査の陰性証明を提示するよう義務付ける措置を始めた。中国メディアが伝えた。来年2月の北京冬季五輪開幕まで3カ月を切り、中国は首都を中心に厳しい感染対策を実施している。

北京市当局は「外部から感染が持ち込まれないよう防衛ラインを築く」と強調。14日以内に1人でも感染者が出た地域を訪れた人については、市内への立ち入りを制限する方針も示した。(共同)