5~11歳の接種「準備を」 厚労省が自治体に要請

厚生労働省=東京都千代田区
厚生労働省=東京都千代田区

厚生労働省は、5~11歳の新型コロナウイルスワクチン接種が早ければ来年2月ごろに始まる可能性があるとして、接種態勢の準備を自治体に求める事務連絡を出した。16日付。

米製薬大手ファイザーは10日、5~11歳への対象拡大の承認を厚労省に申請。安全性や有効性の審査で問題ないと判断されれば、薬事承認される。

接種の在り方をめぐっては、厚労省のワクチン分科会が議論している。15日の会合では、専門家から「子供は、ただの風邪だといって片付けられる傾向にあるが、風邪よりも明らかに重い症状の子がいる」「打てる権利は担保するべきだ」との意見が出た。一方で、日本では、既に接種が始まっている米国と比べて子供の死亡や重症が大幅に少ないことから「全ての5~11歳に積極的に勧めるのは、慎重にすべきだ」との声も聞かれた。