米中、核軍縮対話を模索 首脳一致と大統領補佐官

サリバン米大統領補佐官(ロイター)
サリバン米大統領補佐官(ロイター)

サリバン米大統領補佐官(国家安全保障問題担当)は16日、バイデン米大統領と中国の習近平国家主席がオンライン会談で、核軍備管理を含む戦略的安定に関する議論の前進を模索することで一致したと明らかにした。ブルッキングズ研究所のウェブ会合で語った。米国は核戦力を増強している中国を核軍縮の枠組みに引き込みたい考えだが拒否されてきた経緯がある。

サリバン氏は会合で、核弾頭や極超音速兵器を含む軍備管理に加え、サイバー分野などでの米中協力を問われ、バイデン氏が戦略的安定に関する一連の対話の必要性を習氏に訴えたと説明。ウォールストリート・ジャーナル紙によると、習氏は中国側も高官が対話に応じる可能性を示唆したという。

サリバン氏は「安全保障、技術、外交を横断する双方の高官チームが主導する必要がある」と指摘した。(共同)