米探査機、小惑星に体当たり  来年秋、軌道変更実験

米探査機による小惑星への体当たり実験のイメージ(NASA、ジョンズ・ホプキンズ大提供)
米探査機による小惑星への体当たり実験のイメージ(NASA、ジョンズ・ホプキンズ大提供)

地球に近づく小惑星に体当たりして衝突を防げ―。米航空宇宙局(NASA)とジョンズ・ホプキンズ大は今月、小惑星を狙って探査機を実験的に発射する。直前にカメラを分離し、体当たりによる軌道変更の瞬間を撮影する計画だ。地球を危機にさらす心配はない。

西部カリフォルニア州のバンデンバーグ宇宙軍基地から現地時間23日夜(日本時間24日午後)、探査機DART(重さ550キロ)をロケットに載せて発射する。

標的は、火星の外側から地球の軌道近くを飛ぶ小惑星。地球に最接近する来年秋、小惑星の衛星ディモルフォス(大きさ約160メートル)に時速2万4千キロで体当たりする。DARTは自販機ほどの大きさで、2枚の太陽電池パネルを備える。(共同)