サイバー犯罪の捜査技術、署対抗で競う 埼玉県警

オンライン形式で行われたコンテストで、参加者にあいさつをする埼玉県警生活安全部の鎌田政由喜参事官(右)=17日午後、さいたま市西区(同県警提供)
オンライン形式で行われたコンテストで、参加者にあいさつをする埼玉県警生活安全部の鎌田政由喜参事官(右)=17日午後、さいたま市西区(同県警提供)

埼玉県警は17日、サイバー犯罪に関する捜査技術などを競う警察署対抗のコンテストを初めて開催し、38署の106人が参加した。サイバー犯罪の増加傾向を踏まえた取り組みで、大会の結果を分析し人材育成に活用するとしている。

コンテストは、「30歳未満」「サイバー犯罪関連業務への専従経験がない」という条件を満たす署員を各署3人まで選び、オンライン形式で実施した。

ウェブサイトの改竄(かいざん)、個人情報を悪用した不正送金という2つの事案を想定し、記録やデータを分析して正答数を競ったほか、データファイルに関する知識問題が出題され、採点の結果、浦和西署のチームが優勝した。

県警によると、今年1~6月に受け付けたサイバー犯罪関連の相談件数は5449件で、前年同期より1883件多かった。サイバー犯罪対策課の担当者は「来年以降も行っていきたい」と話している。(深津響)