安野光雅が描く洛中洛外

もう一度見たい作品6位 「哲学の道」

哲学の道
哲学の道

わかいころ、本場のドイツ、ハイデルベルクの哲学者の道を上ったことがある。しばらくして対面の城が正面に見えてくる。目の下にはネッカー川が流れ、教会や古い町並みが見下ろせて絶景であった。

ただし、哲学とは縁のない人間が絵を描きにいったのだ。瞑想(めいそう)というより、むしろ風景を求めて上ったのだった。わたしには急勾配だったし、あまりにも見事でかえって描きにくかった。京都の哲学の道は、ハイデルベルクのこの道にちなんだと聞いたことがある。この絵は道を踏み分けて林の小道へはいったところ。(あんの みつまさ=画家、抜粋)

■「安野光雅 洛中洛外」令和四年カレンダー発売