無免許運転の木下都議、公開質疑を欠席の意向 「体調が再び悪化」

木下富美子都議
木下富美子都議

7月の東京都議選期間中に無免許運転で人身事故を起こし、警視庁に自動車運転処罰法違反容疑などで書類送検された木下富美子都議(55)が、一連の問題をめぐる公開質疑が実施される予定だった18日の議会運営委員会を欠席することが17日、分かった。都議会局が同日、明らかにした。木下氏は欠席理由について「体調が再び悪化した」と説明しているという。

木下氏をめぐっては、都議会が2度にわたり辞職勧告を決議したにも関わらず、再選後初めて登庁した今月9日、正副議長に改めて辞職しない意向を示し、同日の公営企業委員会に出席する方針を表明。他委員から異論が出て、委員会が流会する混乱が生じた。

これを受けて、12日の議運委理事会では、改めて木下氏に議員辞職を求めることを確認。18日の議運委に招致し、2度にわたる辞職勧告が決議されたことなどについて、木下氏の考えを公開の場で質疑することを決めていた。

都議会局によると、木下氏は18日に実施予定だった公営企業委員会も欠席するとみられるという。