中国「国際社会は準備評価」 北京冬季五輪

記者会見する中国外務省の趙立堅副報道局長=17日、北京(共同)
記者会見する中国外務省の趙立堅副報道局長=17日、北京(共同)

【北京=三塚聖平】中国外務省の趙立堅(ちょう・りつけん)報道官は17日の記者会見で、バイデン米政権が近く来年2月の北京冬季五輪の「外交的ボイコット」に踏み切ることを発表するという報道に対し、「国際オリンピック委員会(IOC)を含む国際社会が、準備作業を高く評価している」と主張した。

趙氏は、報道について「憶測について論評はしない」と発言。北京五輪は「世界各国のスポーツ選手の舞台」とし、「外国選手も中国に来て大会に参加することを熱望している」と強調した。