二宮和也16年ぶり軍人役 嵐活動休止後初のドラマ主演で妹役に有村架純

新春スペシャルドラマで兄妹を演じる二宮和也と有村架純(C)フジテレビ
新春スペシャルドラマで兄妹を演じる二宮和也と有村架純(C)フジテレビ

嵐の二宮和也(38)主演の新春スペシャルドラマ「潜水艦カッペリーニ号の冒険」が来年1月3日午後9時からフジテレビ系で放送される。

第二次世界大戦中に国境を越え運命的な出会いを果たす日本人とイタリア人たちの友情と恋の物語を描く感動作である。

厳格な日本海軍少佐・速水洋平を演じる二宮は「イタリア人の方々とお芝居をしたことがなかったので新鮮だった」と喜び、「ぜひ、人間模様を楽しんでいただきたい。戦争というものよりも、そんなさなかにこんな人間がいたのかというところを感じていただけたら」と力を込めた。

二宮にとって嵐の活動休止後初のドラマ出演作品。ドラマ自体は「ブラックペアン」(2018年、TBS系)以来4年ぶり、フジのドラマは「坊っちゃん」(16年)以来6年ぶりとなる。

ハリウッドデビュー作となった「硫黄島からの手紙」(クリント・イーストウッド監督、06年)で陸軍一等兵を演じた彼が、16年ぶりに軍服姿を披露。またイタリア語や歌唱にも挑戦し、得意とする長せりふでまくしたてるシーンもあるという。

一方、速水の妹・早季子を演じるのは有村架純(28)。戦時下でも希望を失わない心優しい小学校の先生役で、児童たちの健やかな成長を温かく見守る。

二宮とは「弱くても勝てます~青志先生とへっぽこ高校球児の野望~」(14年、日本テレビ系)以来8年ぶり2度目の共演となり、「第68回NHK紅白歌合戦」(17年)ではそれぞれ司会も務めた。

互いに「バラエティーなどでご一緒する機会があったので、自然と懐かしさはなかった」(二宮)、「変わらない二宮さんがそこにいてくださり、安心して現場にいることができた。以前とは少し話せることも変わって個人的に時間の流れを感じ、感慨深かった」(有村)と話し、気心の知れた2人が仲良しの兄妹をどう演じるのか、注目される。

初メガホンとなった映画「私をスキーに連れてって」(1987年)や「波の数だけ抱きしめて」(91年)などで知られるホイチョイ・プロダクションズ社長の馬場康夫監督が、テレビドラマを初演出するのも話題だ。

「バブルへGO!! タイムマシンはドラム式」(2007年)以来、15年ぶりの監督作品で、書籍や映像制作にも携わる。馬場監督は「25年以上前、イタリア人の友人からこの潜水艦の話を聞いた。“潜水艦で潜っている間に敵と味方がひっくり返っちゃった“が面白く、一気に引き込まれ“これはドラマになる“と確信。何より実話がベースになっていることが最大の魅力。そして、日本人の規律正しさや清潔さなど海外の目を通じて日本の良さを発見する作品でもある」とし、二宮について「一言でいうと、彼はプロ。提案をいただき採用したシーンもある。イタリア語のかなり長いせりふも完璧な発音とエロキューション(発声法)で、通訳のイタリア人たちが“完璧だよ”と感心していた。お世辞抜きで鳥肌もの」と絶賛した。

脚本は、CMプランナーとして内外の多くの賞を受賞し、原作・脚本を手がけた映画「犬と私の10の約束」(08年)などで知られる澤本嘉光氏。彼もまた、テレビドラマの脚本は初となり、精鋭スタッフによるCG技術を駆使した壮大なスケールの映像が誕生する。

≪1943年9月、潜水艦コマンダンテ・カッペリーニ号が日本への物資輸送のため太平洋を航行していた。出発時は日本と同盟を組む枢軸国だったイタリアだが、出航後、イタリアは連合国側に寝返っていた。乗組員のアベーレ、シモーネ、アンジェロはイタリアが日本の敵国になっていることなどつゆ知らず、日本から大歓迎されると期待していた。ところが…。

3人を待っていたのは鬼の形相をした速水(二宮)だった。速水はカッペリーニ号を戦闘用に武装し帝国海軍に編入させる計画を立て、艦長の座につく。操艦する乗組員には捕虜となった3人が採用される。一方、早季子(有村)はイタリア人たちの面倒を実家の旅館で見ることになるが、アベーレが早季子に一目ぼれしてしまい、速水の逆鱗に触れる≫

企画した同局・狩野雄太氏は「この実話を発見した馬場監督の圧倒的な熱量とアイデアがどれも面白く、また澤本さんがウイットに富んだ脚本に仕立ててくださった。“人と人が分かりあうこと“”心を通わせることのかけがえのなさ”を中心に制作させていただいた」と語っている。

(産経デジタル)