脱炭素最前線

③IHI、日本発の燃焼技術を世界へ アンモニア発電の実験に貢献

アンモニア混焼の実証実験が行われているJERAの碧南火力発電所=愛知県碧南市(同社提供)
アンモニア混焼の実証実験が行われているJERAの碧南火力発電所=愛知県碧南市(同社提供)

石炭火力発電所として、国内最大級の総出力を誇るJERA碧南火力発電所(愛知県碧南市)。6月からここで世界が注視するプロジェクトが始まった。燃料の石炭に、大量のアンモニアを混ぜて燃やす「混焼」の実証実験だ。

石炭は化石燃料の中でも二酸化炭素(CO2)排出量が多く、最新鋭の石炭火力でも液化天然ガス(LNG)火力の約2倍のCO2を排出する。だが、アンモニアは燃焼時にCO2を排出することがなく、石炭に混ぜて利用すれば、既存の設備を生かしながらCO2を削減できる。

今回の実証実験で、JERAは碧南火力4号機で設備を整え、令和6年度にアンモニアを約20%混ぜて約2カ月間燃焼することを目指している。22年以降にはアンモニアだけで発電することも視野に入れている。

ランキング

  1. 首相、トヨタ社長と会談 賃上げで意見交換か

  2. 世界都市総合力、東京3位 働きやすさ大幅に向上

  3. 産油国、新変異株や需給動向にらみ神経戦続く

  4. トヨタ労組、平均賃上げ額の要求廃止へ

  5. 東証反落、2カ月ぶり安値 変異株警戒、182円下げ

  6. 【経済インサイド】「IT現場軽視」「もの言わぬ姿勢」 金融庁が指弾するみずほの課題

  7. 石化・炭素事業を分離 三菱ケミカル、環境対応

  8. 【脱炭素最前線】④海洋施工に強い大林組 洋上風力で布石

  9. ホテル三日月、千葉・勝浦と鴨川の施設譲渡 HMIが取得

  10. 函館空港内、紙巻きたばこ禁止 国際空港で全国で初