産経抄

11月17日

医師でジャーナリストの村中璃子さんは平成29年、英科学誌「ネイチャー」などが主宰する「ジョン・マドックス賞」を受賞した。小紙と北海道新聞しか「日本人初」の快挙を速報しなかった。子宮頸(けい)がんワクチンの安全性を訴え続ける、村中さんへの反発を考慮したのか。

▼このワクチンは25年4月から、小学6年から高校1年までを対象に定期接種が始まった。ところがわずか2カ月後、厚生労働省は積極的な勧奨を中止する。接種後に痛みやしびれなどの症状を訴える人が相次いだからだ。

▼テレビでは、激しく痙攣(けいれん)する少女の映像が繰り返し映し出された。被害を訴える女性たちは、国や製薬会社を相手に損害賠償を求める集団訴訟を起こし、裁判は今も続く。「元の体に戻して」。原告の悲痛な訴えをメディアは大きく報じてきた。

ランキング

  1. 【子育てはデコボコ道】教室飛び出した発達障害の息子 理由は「音」

  2. 【産経抄】12月1日

  3. 【正論】「盾」は「剣」ではない戦いの現実 麗澤大学准教授 ジェイソン・モーガン

  4. 【主張】わいせつ保育士 再登録許さぬ厳格運用を

  5. 【主張】立民代表に泉氏 「共産共闘」決別できるか

  6. 【ソロモンの頭巾】甑島の古式ミカン DNAで非時香菓を解読中 長辻象平

  7. 【浪速風】財源を確保せよ

  8. 【社説検証】備蓄石油の協調放出 「脱法的要素は否めず」朝日 産経「産油国との協調必要」

  9. 【主張】コシヒカリ発言 知事が「分断」をあおった

  10. 【産経抄】11月30日