ガソリン減税の解除否定 松野官房長官

松野博一官房長官(矢島康弘撮影)
松野博一官房長官(矢島康弘撮影)

松野博一官房長官は16日の記者会見で、ガソリン価格が高騰した際に揮発油税などを減税する「トリガー条項」について「凍結解除は適当でない」と述べた。条項は旧民主党政権が導入したものの、凍結されている。

松野氏は条項が発動された場合、流通の混乱や、国・地方の財政への多大な影響など問題があると指摘した。