電車内襲撃に備え訓練、男を取り押さえ 京王線事件受け埼玉県で

刃物を手にした男を取り押さえる訓練に臨む署員ら=16日午前、さいたま市大宮区(深津響撮影)
刃物を手にした男を取り押さえる訓練に臨む署員ら=16日午前、さいたま市大宮区(深津響撮影)

埼玉県警とJR東日本は16日、京王線特急での乗客刺傷事件を受け、JR東北線(宇都宮線)の車内で男が乗客を刃物で襲撃、放火したという想定で対処訓練を実施した。

大宮署員や駅員ら計約70人が参加し、男が刃物で乗客を切り付けて負傷させ、さいたま新都心駅(さいたま市大宮区)で緊急停車したという想定で臨んだ。

刃物を手にしたまま降車しホームのベンチで喫煙する男を署員らが盾などを使って取り押さえる訓練をしたほか、駅利用者の避難誘導の流れや、ヘリコプターで上空から把握した状況を無線で鉄道警察隊員らに伝える手順を確認した。

大宮署の富岡洋署長は「引き続き鉄道事業者との連携を強化し対処能力の向上を図っていく」。河野政樹駅長は「安全で利用しやすい鉄道環境を目指したい」と強調した。(深津響)