中日・小笠原は2150万円増の3600万円

中日の小笠原が16日、ナゴヤ球場で契約交渉し、2150万円増の3600万円で更改した。6年目の今季は自身初のシーズン規定投球回に到達し、8勝(10敗)をマーク。柳が投げた172回を超えることを来季の目標とし「七回で降りているようでは勝ち星がつかない。八、九回までしっかり投げられるように」と力を込めた。

24試合に出場した2年目の岡林は160万円増の740万円で更改。「安打数も増えて盗塁もできた。自信がついた」と手応えを深めた。自己最多の78試合に出て15盗塁を記録した高松は508万円増の1060万円、救援の福は1400万円増の6千万円で更改した。(金額は推定)