音声ドキュメント 戦後史開封

私は追放された 元産経新聞北京特派員・柴田穂の回想

第1話 日曜朝の国外退去通告(第1話は登録なしでお聴きいただけます)
在りし日の柴田穂記者=東京・大手町の産経新聞社
在りし日の柴田穂記者=東京・大手町の産経新聞社

 中国の文化大革命のさなかの1967(昭和42)年、産経新聞の北京支局長だった柴田穂(みのる)記者が突然、国外退去処分となりました。柴田記者は文革を丹念に取材していたため、中国当局には都合が悪かったのです。

ランキング

  1. 新変異株は「オミクロン株」 WHO「懸念される変異株」指定

  2. 米、8カ国に渡航制限 南アなど、新変異株で

  3. 韓国で「反日」超えた「嫌中」 中国映画の配給中止も

  4. 中国、日本に五輪支持要求「東京五輪全力支持した」

  5. 英、1カ月ぶり5万人超え、コロナ感染、新変異株警戒

  6. ディオール写真に批判殺到 「中国人侮辱」で撤回

  7. 中国軍、台湾海峡方面で「戦闘準備」パトロール

  8. 【ソウルからヨボセヨ】命がけの激烈な歴史

  9. 文在寅政権に捜査現場が「ノー」…韓国法相に検事300人超が反旗

  10. 韓国大統領選与党候補が会見「日本が先に謝罪を」