東名あおり来年1月初公判 差し戻し審、横浜地裁

横浜地方裁判所
横浜地方裁判所

神奈川県大井町の東名高速道路で平成29年、あおり運転を受けて停車させられた夫婦が後続車に追突され、死亡した事故で、横浜地裁は16日、自動車運転処罰法違反(危険運転致死傷)罪などに問われた無職石橋和歩被告(29)の差し戻し裁判員裁判の初公判を来年1月27日に開くと明らかにした。

30年12月の1審横浜地裁は危険運転致死傷罪の成立を認め、懲役18年の判決を言い渡した。令和元年12月の東京高裁判決も、同罪の成立を認めたが、地裁が公判前整理手続きで「危険運転致死傷罪は成立しない」との見解を表明したのに、最終的に変更したのは判決に影響を及ぼす違法な手続きだったと判断。1審判決を破棄し、地裁に審理を差し戻した。

事故は平成29年6月に発生。石橋被告は静岡市の萩山嘉久さん=当時(45)=一家のワゴン車にあおり運転を繰り返し、ワゴン車の前で停車。ワゴン車に後続の大型トラックが追突、萩山さんと妻の友香さん=同(39)=が死亡、娘2人も負傷した。