ワクチン集団接種会場、閉鎖相次ぐ 43自治体の3割超

新型コロナウイルスワクチンの2回目接種を行う集団接種会場について、東京23区と全国20の政令指定都市の計43自治体のうち、3割以上の14自治体がすでに閉鎖したか、今月中に閉鎖する予定であることが16日、各自治体への取材で分かった。政府は月内に希望者全員への2回接種完了を目標に掲げており、12月以降に継続する自治体でも規模を縮小する。高齢者らの3回目接種が今後本格化するため、未接種者の接種機会は限定される見込み。

各自治体に今月12日時点の状況を尋ねたところ、東京23区では、墨田が9月30日、台東が10月3日、千代田も今月5日に集団接種を終え、豊島など6区は同30日までに順次会場を閉鎖する。政令市でも浜松が10月24日に閉鎖、岡山など4市が今月30日までに集団接種を終えるという。

他に北区や横浜市など4自治体が12月中に、熊本市も来年1月10日に順次閉鎖することを決めている。また、仙台市は現在9カ所の集団接種会場を今月20日以降、1カ所に集約するなど他の自治体でも縮小の動きが加速している。

一方、中央区や板橋区など10自治体は診療所などでの個別接種をすでに終了。接種が進んで残りの希望者が減る中で、江東区や堺市は1瓶あたり6人の予約が必要な米ファイザー製ワクチンの廃棄を防ぐため、集団接種に集約した。