東海大山形高野球部で体罰 指導が平手打ち

東海大山形高校(山形市)の硬式野球部で部活動指導員を務めていた非常勤講師の20代男性が部員に体罰を加えていたことが16日、県への取材で分かった。男性は事実関係を認めており、自宅謹慎している。

県によると、今月5日に部員1人の頰を平手で3回たたいた。同校は「行き過ぎた指導」だったとして男性を野球部の指導から外した。体罰をした経緯を調べている。

同校は甲子園出場経験もある強豪校。今年は全国高校野球選手権大会の出場を懸けた地方大会で準優勝していた。