日本ハム、西川らを自由契約へ 太田、秋吉も

日本ハム・西川遥輝(撮影・三浦幸太郎)
日本ハム・西川遥輝(撮影・三浦幸太郎)

日本ハムは16日、西川遥輝外野手(29)、大田泰示外野手(31)、秋吉亮投手(32)に来季の契約を提示せず、契約保留選手の手続きを行わないと発表した。3選手は自由契約選手として公示され、海外を含めた他球団との交渉が可能となる。今季、西川は海外フリーエージェント(FA)権、大田と秋吉は国内FA権の資格取得条件を満たしている。

稲葉篤紀ゼネラルマネジャー(GM)は球団を通じ、日本ハムとの再契約の可能性もあるとした上で「3選手と来季以降のプレー環境について協議した結果、選手が取得した権利を尊重し、ノンテンダー(契約オファーしない)とすることを選択しました。選手にとって制約のない状態で、海外を含めた移籍先を選択できることが重要と考えた」と説明した。