共産・小池氏、文通費「抜本的見直し必要」

共産党の小池晃書記局長(兼松康撮影)
共産党の小池晃書記局長(兼松康撮影)

共産党の小池晃書記局長は16日の記者会見で、国会議員に支給されている「文書通信交通滞在費」(文通費)について「目的を明確にして、抜本的な見直しをする必要がある。国民の理解を得られる制度に変えるべきだ」と述べた。制度見直しのための法案の成立に賛同する意向も示した。

現在は文通費を議員団で共同管理しているとした上で「趣旨を踏まえて有効に活用する努力をしている。使途については毎年、ホームページで公表している」と説明した。