鉄道各社と大阪府警が安全対策協議 京王線事件受け

警備犬を投入して行われた特別警戒=16日、JR新大阪駅
警備犬を投入して行われた特別警戒=16日、JR新大阪駅

京王線特急の乗客刺傷事件を受け、大阪府警と府内に路線を持つ鉄道各社は16日、大阪市内で会合を開き、乗客の安全確保に向けた対策について協議した。

事件の概要や各社の取り組み状況などの情報を共有。府警はJR新大阪駅のコンコースや改札付近で警備犬2頭を投入して特別警戒も実施した。

府警鉄道警察隊の中野武義隊長は「大阪でも(同様の事件が)起きるかもしれないという危機感を持って対応してほしい」と述べ、各社に事件発生時の迅速な通報や未然防止のための巡回の強化を求めた。