立民、文書交通費の日割り支給目指す 法案作り議論へ

立憲民主党執行役員会に臨む福山哲郎幹事長=16日午前、国会内(矢島康弘撮影)
立憲民主党執行役員会に臨む福山哲郎幹事長=16日午前、国会内(矢島康弘撮影)

立憲民主党は16日の執行役員会で、10月31日投開票の衆院選で当選した議員に10月分の100万円が満額支給された「文書通信交通滞在費」(文通費)について日割り支給にする法案を作り、臨時国会での議論を目指す方針を決めた。

日本維新の会は10月分の文通費を原則として党で集め寄付する方針を表明しているが、立民の福山哲郎幹事長は「議員の身分に関することなので、衆院議院運営委員会の場でそれぞれの政党の意見を聞いてまとめていく」と説明した。