10万円の所得制限巡り異論 福田氏「年収合算が常識」

福田達夫氏(納冨康撮影)
福田達夫氏(納冨康撮影)

自民党の福田達夫総務会長は16日の記者会見で、18歳以下の子供への10万円相当給付をめぐる所得制限の在り方に異論を唱えた。共働きの場合は所得制限が原則として年収の多い方で判定される仕組みに関し、個人の見解とした上で「両親の収入で子供を育てるとの前提に立てば(年収を)合算するのが常識的だ」と述べた。