ガソリン高抑制へ国が補助 170円超で5円軽減案

ガソリンスタンドの給油ノズル
ガソリンスタンドの給油ノズル

経済産業省は16日、ガソリン価格高騰対策として、価格が一定水準を超えた場合に石油元売り業者へ資金支援する方針を表明した。卸売価格の上昇を抑える分のお金を補助し、店頭での値上がりに歯止めをかける仕組み。全国平均小売価格が1リットル当たり170円を超えた際に発動し、最大5円を抑制する案が浮上している。小売価格を抑えるため元売りへ国費を投じる政策は初めて。年内の適用開始を目指す。

資金の総額は数千億円規模になる可能性がある。19日に決める経済対策に盛り込み、令和3年度予算の予備費を活用する見通し。政府は灯油については、生活困窮者への購入助成に取り組む自治体を特別交付税で支援する。経産省によると資金支援をする基準は今後発表する。新型コロナウイルス禍から経済が回復するまでの時限的な措置とし、元売り業者と協議して抑制したい価格幅を伝え、販売量に応じて事後精算する仕組みを検討している。