巨人が秋季練習スタート 新任コーチも参加

【プロ野球巨人練習】巨人・古城茂幸二軍内野守備走塁コーチと話す小笠原道大二軍打撃コーチ  =ジャイアンツ球場(撮影・加藤圭祐)
【プロ野球巨人練習】巨人・古城茂幸二軍内野守備走塁コーチと話す小笠原道大二軍打撃コーチ  =ジャイアンツ球場(撮影・加藤圭祐)

巨人は16日、川崎市のジャイアンツ球場で秋季練習をスタートした。新任コーチも参加し、選手時代の2013年以来の巨人復帰となる小笠原2軍打撃コーチは、主将の坂本らと話し込み「少しでもスムーズに1軍のシーズンを進められるように、しっかりと土台とかをつくってサポートできたら」と意気込んだ。

川相ファーム総監督はユニホームを着ず、背広組として選手の成長を助ける。「ファームはこれからの選手が多い。取り組み方も考え方も含めてアドバイスをどんどんしていきたい」と意欲を示した。

今季で現役を引退した亀井1軍外野守備兼走塁コーチは、コーチと呼ばれることに「違和感がある。慣れていくしかない」と苦笑い。駒田3軍監督は「プロ意識というものを教えないと。それと、遊び心を持たせて練習しないといけない」と話した。