古葉竹識さんが死去 「赤ヘル」広島日本一監督

(左から)広島・衣笠祥雄内野手、古葉竹識監督、山本浩二外野手 =1984年(昭和59年)9月、神宮球場
(左から)広島・衣笠祥雄内野手、古葉竹識監督、山本浩二外野手 =1984年(昭和59年)9月、神宮球場

プロ野球広島の監督として初のセ・リーグ優勝、日本一を果たすなど黄金期を築いた古葉竹識(こば・たけし)さんが12日、死去した。85歳。熊本県出身。故人の長男が広島球団を通じて16日に発表した。死因は明らかにしていない。葬儀・告別式は近親者で行った。

熊本・済々黌高、専修大から日鉄二瀬を経て1958年に広島入り。内野手として活躍し、64、68年に盗塁王を獲得。70年に南海(現ソフトバンク)に移籍し、翌年引退した。ベストナイン1度。

古葉竹識氏(撮影・戸加里真司)
古葉竹識氏(撮影・戸加里真司)

75年シーズン序盤、広島監督に就き、球団創設26年目で初のリーグ優勝に導いて「赤ヘル旋風」を巻き起こした。79年に初の日本一。85年に退団するまでの11年間でリーグ優勝4度、日本シリーズ制覇3度を達成した。87~89年は大洋(現DeNA)で指揮。99年に野球殿堂入りした。

■波瀾万丈の野球人生まっとう 古葉竹識さん