「古い友人」「ありがとう」 米中首脳、ネクタイで前向き演出

オンライン形式による首脳会談に臨んだバイデン米大統領(左)と習近平・中国国家主席=15日、ホワイトハウス(ロイター)
オンライン形式による首脳会談に臨んだバイデン米大統領(左)と習近平・中国国家主席=15日、ホワイトハウス(ロイター)

【ワシントン=渡辺浩生】米東部時間15日夜(日本時間16日朝)に始まったオンライン形式による米中首脳会談で、習近平国家主席は冒頭、バイデン大統領に対して「対面の会談ほど良くはないが、古い友人と会えてうれしい」と話しかけた。バイデン氏は「ありがとう」とうなずいたという。

バイデン氏は赤色のネクタイを、習氏は青色のネクタイをそれぞれ着用。赤は中国共産党のカラー、青は民主党のイメージカラーであり、米中関係が台湾問題などで緊張する中、対話には前向きなムードを演出したとみられる。

米側はバイデン氏のほか、ブリンケン国務長官、イエレン財務長官、サリバン大統領補佐官(国家安全保障問題担当)、国家安全保障会議のキャンベル・インド太平洋調整官らが出席した。