南シナ海で初の日米対潜訓練 海自潜水艦、中国牽制

南シナ海で訓練する海自の潜水艦(右手前)と米海軍の駆逐艦=16日(海上自衛隊提供)
南シナ海で訓練する海自の潜水艦(右手前)と米海軍の駆逐艦=16日(海上自衛隊提供)

海上自衛隊は16日、海自の潜水艦が同日、南シナ海では初めてとなる米海軍との対潜水艦戦の共同訓練を実施したと発表した。対潜戦訓練は潜水艦の位置を探知し、攻撃する手順を確認する高度な内容。中国は南シナ海の領有権主張を強めており、日米は共同訓練で牽制(けんせい)する狙いとみられる。

海自トップの山村浩海上幕僚長は16日の記者会見で「海域を問わずハイエンド(高度)な訓練をできることは、日米相互運用性の高さを示す。海自と米海軍による抑止力、対処力を象徴するものだ」と述べた。

海自によると、訓練には潜水艦を見つける能力に優れるP1哨戒機、ヘリコプター搭載型護衛艦かが、護衛艦むらさめも参加。P1が南シナ海での日米対潜戦訓練に参加するのも初で、国内の海自基地から発進した。米海軍は駆逐艦1隻とP8A哨戒機を投入した。