原油高受けた「トリガー条項」解除に否定的 松野官房長官

記者会見する松野官房長官=16日午前、首相官邸
記者会見する松野官房長官=16日午前、首相官邸

松野博一官房長官は16日の記者会見で、原油価格高騰などを受けて揮発油税などを減税する「トリガー条項」の凍結解除について否定的な考えを示した。「ガソリンの買い控えや、その反動による流通の混乱、国・地方の財政への多大な影響などの問題から凍結解除は適当でない」と述べた。

政府は原油高騰を受け、農業や漁業、運送業など影響が大きい業界への支援策を検討し、近く取りまとめる経済対策にも盛り込む方針を示している。

会員限定記事会員サービス詳細