伊藤美誠「全員と決着つける」 世界卓球日本代表

成田空港で記者会見しポーズをとる(前列左から)平野美宇、伊藤美誠、石川佳純、張本智和ら=16日
成田空港で記者会見しポーズをとる(前列左から)平野美宇、伊藤美誠、石川佳純、張本智和ら=16日

卓球の世界選手権個人戦(23日開幕、米ヒューストン)の男女日本代表が16日、成田空港から出発前に記者会見し、東京五輪女子シングルスで銅メダルを獲得した伊藤美誠(スターツ)は「全員と決着をつけるという思い。五輪のときより強い自分だと信じている」と熱く語った。

五輪男子団体銅メダリストの張本智和(木下グループ)は、2年前の前回大会のシングルスは4回戦で世界ランキング157位の伏兵に敗れ、ベスト16と苦杯をなめた。「まずはベスト8までしっかり勝ち上がること」と慎重に目標を掲げた。

女子の石川佳純(全農)と平野美宇(日本生命)はシングルスのほか、東京五輪団体でも組んだダブルスでもメダルを狙う。平野は「スピードのある連続攻撃が特徴」と自信を見せ、石川は「成長した姿でプレーしたい」と抱負を語った。