新人王にレッズのインディア、レイズのアロザレーナ 大リーグ

レッズ・インディア(AP)
レッズ・インディア(AP)

米大リーグは15日、今季の最優秀新人(新人王)を発表し、ナ・リーグはレッズの内野手インディア、ア・リーグはレイズの外野手アロザレーナが受賞した。

秋山と同僚の24歳のインディアは150試合で打率2割6分9厘、21本塁打、69打点、12盗塁をマークし、投票権のある全米野球記者協会会員30人のうち29人の1位票を獲得。メジャー3年目で26歳のアロザレーナは141試合に出場して打率2割7分4厘、20本塁打、69打点、20盗塁で、22人の1位票を集めた。

レイズ・アロザレーナ(AP)
レイズ・アロザレーナ(AP)

最優秀選手(MVP)の発表は18日(日本時間19日)で、アはエンゼルスの大谷が最有力候補に挙がっている。

■レッズ・インディアの話「開幕前からこの賞がほしいと公言し、受賞したいと思っていた。信じられない気持ちだ。チャンスを前向きに捉え、最大限に生かすことができた」

■レイズ・アロザレーナの話「非常に素晴らしい瞬間だ。長いシーズンで難しい状況もあったが、取り組む姿勢を変えなかった。受賞の喜びを家族、これまで支えてくれた人と分かち合いたい」(共同)