速報

速報

日大の田中英寿理事長逮捕、脱税の疑い 東京地検

日大元理事ら医療機器めぐる背任罪で起訴 東京地検

井ノ口忠男被告(右)と籔本雅巳被告(日大HPから)
井ノ口忠男被告(右)と籔本雅巳被告(日大HPから)

日本大学の付属病院の医療機器調達をめぐる背任事件で、医療機器や電子カルテの契約で計約2億円分の損害を日大に与えたとして、東京地検特捜部は16日、背任罪で日大元理事の井ノ口忠男容疑者(64)、大阪市内の医療法人グループ「錦秀会(きんしゅうかい)」前理事長の籔本雅巳容疑者(61)を起訴した。任意で捜査していた医療コンサルタント会社の吉田徹也代表取締役(50)についても同罪で在宅起訴した。

関係者によると、籔本被告は起訴内容を認めており、井ノ口被告も一部の事実について認めている。

起訴状によると、井ノ口被告らは共謀の上、日大医学部付属板橋病院で使用する医療機器のリース契約に関し、昨年12月、調達段階で籔本被告が関係する会社を不必要に介在させ、この会社に入る利益を上乗せした見積書を日大に提出。今年3月、日大に約14億6300万円でリース契約を締結させて約1億3100万円の不要な債務を負担させ、損害を与えたとしている。

電子カルテのシステム導入でも同様の手口で同5月、日大に約9億700万円のリース契約を締結させ、約6700万円分の損害を与えたとしている。

日大は、井ノ口被告が取締役だった関連会社「日本大学事業部」に医療機器や電子カルテの契約の交渉業務などを委託していた。