岸防衛相、豪海軍への武器等防護「重要な進展」

岸信夫防衛相
岸信夫防衛相

岸信夫防衛相は16日の記者会見で、海上自衛隊の護衛艦がオーストラリア海軍のフリゲート艦に対して安全保障関連法に基づく「武器等防護」を実施したことの意義を強調した。「わが国や地域の平和と安定を確保するための日豪防衛協力にとって、極めて重要な進展だ」と述べた。

武器等防護は、四国南方で10~12日に日豪共同訓練をした際に実施した。米軍以外を対象としたのは初めて。岸氏は「日豪の部隊間の相互運用性が向上し、より一層緊密な連携が可能になった」と語った。