電車内襲撃に備えて訓練 京王線事件受け埼玉県で

JRさいたま新都心駅のホームで訓練する埼玉県警の警察官ら=16日午前、さいたま市
JRさいたま新都心駅のホームで訓練する埼玉県警の警察官ら=16日午前、さいたま市

東京都調布市を走行していた京王線特急内の乗客刺傷事件を受け、埼玉県警は16日、県内を走るJR東北線(宇都宮線)の車内で、男が乗客を刃物で襲って放火したとの想定で訓練をした。JR東日本との連携を円滑化し、電車内襲撃への対処能力を高める狙いだ。

訓練には、大宮署など沿線の警察署員や駅員ら計約70人が参加。電車内で男が刃物で乗客を切り付けて負傷させ、さいたま新都心駅(さいたま市)で緊急停車。刃物を見せながら降車し、ホームのベンチで喫煙する男を、署員らが刺股や盾を使って取り押さえた。

県警本部の通信指令課は、車内に不審な男がいるとの通報内容や、ヘリコプターで上空から撮影した現場の状況を随時、無線で鉄道警察隊員や署員に伝えた。大宮署の富岡洋署長は「無差別殺傷は迅速で的確な対応が肝だ。鉄道会社との役割分担の手順を確認できた」と話した。