来年の干支「寅」土鈴に 大阪・誉田八幡宮

誉田八幡宮で追い込みを迎えている、来年の干支「寅」にちなんだトラの土鈴作り=15日、大阪府羽曳野市
誉田八幡宮で追い込みを迎えている、来年の干支「寅」にちなんだトラの土鈴作り=15日、大阪府羽曳野市

世界文化遺産に登録された「百舌鳥・古市古墳群」を構成する誉田御廟山古墳(応神天皇陵)の近くにある大阪府羽曳野市の誉田八幡宮で、来年の干支「寅」にちなんだトラの土鈴作りが追い込みを迎えている。

土鈴はトラが疫病退散のはらい串を持ち、にらみを利かせるデザイン。宮司らが水彩絵の具で丁寧に色付けし、飾りひもを付けて完成させる。約1600個を用意し、元日から1個1500円で初詣客に授与する。

誉田八幡宮で作られている来年の干支「寅」にちなんだトラの土鈴。疫病退散のはらい串を持ち、にらみを利かせるデザインとなっている
誉田八幡宮で作られている来年の干支「寅」にちなんだトラの土鈴。疫病退散のはらい串を持ち、にらみを利かせるデザインとなっている

宮司の中盛秀さん(67)は「トラはまなざしが鋭く、はびこる邪気をはらうかのような神秘的な迫力と霊気を秘めている。心身ともに健康で清らかな年を迎えられますようにと願いながら作った」と話した。