元潮来市長の松田氏、出馬表明 県議補選潮来市・行方市選挙区

藤島正孝県議の死去に伴う潮来市・行方市選挙区の県議補選(12月3日告示、12日投開票)で、新人で元潮来市長の松田千春氏(65)が15日、記者会見し、無所属で立候補すると表明した。

松田氏は額賀福志郎衆院議員の秘書を経て、平成19年から潮来市長を2期務めた。会見で出馬の動機を「(潮来市から立候補、選出された)藤島県議の議席を存続させてもらうことが地域発展の礎になると思った」などと述べた。同補選には、行方市議の鈴木義浩氏(58)が無所属での出馬を表明している。