経産相、経団連会長に賃上げを要請 会長も「モメンタム出す」と応じる

萩生田光一経産相
萩生田光一経産相

萩生田光一経済産業相は15日、経団連の十倉雅和会長ら幹部と東京都内で会談し、経済界に対し賃金の積極的な引き上げを要請した。「好業績の企業はぜひ賃上げをしてもらいたい。継続的な賃上げを示すためにも何らかのフォローアップ(事後点検)も期待している」と述べた。

十倉氏は「(大企業が)一律というわけにはいかないが、賃金引き上げのモメンタム(勢い)は出していく」と応じた。会談後、記者団に明らかにした。

萩生田氏は、賃金を上げた企業に税制支援を強化する岸田政権の方針を説明。中小企業の給与引き上げに向け、下請け企業に妥当な対価を支払う取引適正化の徹底も求めた。