スペイン、セルビア、クロアチアが出場 サッカーW杯欧州予選

サッカーの2022年ワールドカップ(W杯)カタール大会欧州予選は14日、各地で最終節が行われ、B組のスペイン、A組のセルビア、H組のクロアチアがそれぞれ1位で本大会出場を決めた。

スペインは終盤にモラタが決勝点を奪い、スウェーデンを1―0で下して12大会連続16度目の出場権を獲得。ストイコビッチ監督が率いるセルビアは敵地でポルトガルに2―1で逆転勝ちし、2大会連続の予選突破。クロアチアはロシアを1―0で下し、3大会連続6度目の出場を決めた。

スウェーデン、ポルトガル、ロシアはそれぞれ2位となり来年3月のプレーオフに進む。(共同)