バスケ部元顧問、首絞めで資格停止 静岡

静岡県立静岡西高(静岡市葵区)の女子バスケットボール部顧問だった男性教員が、部員の首を絞めるなどの暴力行為をしたとして、日本バスケットボール協会から2年間の指導資格停止処分を受けていたことが15日、協会への取材で分かった。処分は9月9日付。

協会によると、生徒の首を絞めたり髪を引っ張ったりしたほか、不適切な性的発言や人格を否定する発言もあったという。

県教育委員会によると、男性教員は今年3月で同校を退職し、4月から私立高校に異動した。県教委は取材に「現在は県の教員ではない」として、詳細は明らかにしなかった。