8歳長男をばちで殴打疑い 容疑で男を逮捕

小学生の長男(8)の頭や脚をゲーム用の太鼓のばちで殴ったとして、熊本県警は15日、暴力行為等処罰法違反の疑いで熊本市西区、会社員、福井勝大容疑者(29)を逮捕した。けがはなかった。県警によると「しつけのつもりだった。頭はたたいていないと思う」と容疑を一部否認。県警は妻の話などから、日常的に虐待があったとみて調べる。

県警によると、福井容疑者が長男を殴っている動画を妻がスマートフォンで隠し撮りし、県警に届け出た。妻は容疑者による長男への暴力行為を他にも複数回撮影。自身へのドメスティックバイオレンス(DV)もあったと話している。

逮捕容疑は8月13日午前0時10分ごろ、自宅で長男の頭などをプラスチック製のばちで十数回殴打したとしている。