日比野弘さんが死去 元ラグビー日本代表監督

日比野弘さん
日比野弘さん

ラグビーの元日本代表選手で、早稲田大、日本代表の監督も務めた日比野弘さんが14日、呼吸不全のため自宅で死去した。86歳。東京都出身。葬儀・告別式は家族葬で行う。

早大、東横百貨店(現東急百貨店)でWTBとして活躍し、日本代表で3キャップを獲得。現役引退後、早大監督1季目の1970年度に全国大学選手権と日本選手権を制覇し、73、74年度も大学日本一に導いた。日本代表監督も務めた。

日本ラグビー協会の会長代行、日本体育協会(現日本スポーツ協会)国体委員長、早大の名誉教授などを歴任。ラグビー史の編さん、記録収集にも力を注ぎ、著書に「日比野弘の日本ラグビー全史」などがある。