神鋼加古川製鉄所で火災設備焼損、けが人なし

14日午前8時半ごろ、兵庫県加古川市金沢町の神戸製鋼所加古川製鉄所から黒煙が上がっているのを、市消防本部が確認した。鉄鉱石などを運搬するベルトコンベヤーが燃えており、消防車12台が出動し、約2時間後に消し止めた。けが人や、製鉄所内の他の建物への延焼はなかった。同本部と兵庫県警加古川署が出火原因を調べている。

製鉄所はJR加古川駅から南約5キロの臨海地域にある。火災の発生を警戒するため同本部が設置したカメラで黒煙を確認した。