エリザベス英女王、ぎっくり腰 公務復帰できず「残念」

エリザベス英女王(95)は14日、ぎっくり腰のため、ロンドン中心部で開かれた戦没者の追悼式典を欠席した。英メディアが報じた。女王は10月に医師の助言を受けて静養し、久々に公の場に姿を現す予定だった。参加には強い意欲を示してきたとされ、英王室は「女王は大変残念に思っている」とコメントした。

女王は10月、行事に参加するため英領北アイルランドを訪れる予定だったが、同20日にロンドンの病院に一晩検査入院。静養のために公務を取りやめ、英北部グラスゴーで開かれた国連気候変動枠組み条約第26回締約国会議(COP26)への出席も断念した。

女王は存命中の君主として世界最高齢で、来年即位70年を迎える。英メディアによると、ぎっくり腰と最近の静養は関係ないとみられるという。(共同)

会員限定記事会員サービス詳細