春高バレー 総体女王・下北沢成徳、3位で辛くも全国切符

【第74回春の高校バレー 東京都代表決定戦 女子3位決定戦 下北沢成徳対文京学院大女子】第3セット 得点し、よろこぶ下北沢成徳の選手=14日、駒沢屋内球技場(佐藤徳昭撮影)
【第74回春の高校バレー 東京都代表決定戦 女子3位決定戦 下北沢成徳対文京学院大女子】第3セット 得点し、よろこぶ下北沢成徳の選手=14日、駒沢屋内球技場(佐藤徳昭撮影)

「春の高校バレー」として行われる第74回全日本バレーボール高等学校選手権大会(産経新聞社など主催)の地方大会は14日、各地で行われ、男女各3校に出場権が与えられる東京は男子が駿台学園、東亜学園、東海大菅生、女子は八王子実践、共栄学園、下北沢成徳が全国切符を手にした。

夏の全国高校総体を制した下北沢成徳が辛くも3大会ぶりの「春高」出場権をつかんだ。準決勝では総体の都予選でストレート勝ちした八王子実践に0-2で苦杯。「心のどこかで大丈夫だろうって気持ちがあった。受け身になってしまった」とアタッカー矢島里咲(2年)。残り1枠を懸けた文京学院大女との3位決定戦も第1セットを失い、第2セットも1-7とリードを許した。

ここでタイムアウトを取ると、「ミスを恐れず、攻めるしかない」と開き直った矢島らが高い打点から得点を重ね、2セットを奪い返して逆転勝ちした。「1-7になって、ようやく目に力が戻った。こういうのを経験すると高校生は強くなる」と小川良樹監督。総体との2冠が懸かる本大会に向け、矢島は「自分たちは東京の3位。挑戦者として挑む」と気合を入れ直した。(奥村信哉)