高木美が1000メートル2位、小平3位 スピードW杯

女子1000メートル 2位の高木美帆=トマショフマゾウィエツキ(AP)
女子1000メートル 2位の高木美帆=トマショフマゾウィエツキ(AP)

スピードスケートのワールドカップ(W杯)第1戦第2日は13日、ポーランドのトマショフマゾウィエツキで行われ、女子1000メートルで高木美帆(日体大職)が1分15秒38で2位、小平奈緒(相沢病院)が3位に入った。ブリタニー・ボウ(米国)が優勝。

女子500メートルはエリン・ジャクソン(米国)が37秒55で2連勝し小平は37秒78で3位、郷亜里砂(イヨテツク)は7位。

男子1500メートルは一戸誠太郎(ANA)が1分46秒78で4位、小田卓朗(開発計画研究所)が7位だった。格下のBクラスでは山田和哉(高崎健康福祉大)が1分47秒34で1位、野々村太陽(専大)が2位、ウイリアムソン師円(日本電産サンキョー)が3位となった。(共同)