マッサージには、なぜ筋肉の治癒効果があるのか そのメカニズムが明らかに

筋肉の損傷に効くマッサージ。しかし、なぜ治癒効果があるのかに関しては明確な裏付けがなかった。このほど発表された論文は、そのメカニズムを明らかにしたほか、単に回復を早める以外の効果があることも明らかにしている。

TEXT BY SANAE AKIYAMA

肩こりや腰痛を抱える人たち、または日常的な運動で筋肉を酷使する人たちなら、「マッサージガン」と呼ばれる拳銃のような見た目をした家庭用電気マッサージ器を使ったことがあるかもしれない。好みのアタッチメントを取り付けてスイッチを入れるだけで、先端が振動して筋肉の疲労やこりをほぐしたり、損傷した筋肉の痛みを和らげたりしてくれる便利な器具だ。

マッサージが気持ちいいのは確かだが、実際に損傷した筋肉の再生には役立っているのだろうか? 世界で活躍する一流のアスリートたちは日々マッサージの効果を身をもって経験しているだろうが、実はこれまでその治癒効果については明確な科学的裏付けがなかった。

マッサージが筋肉にどう作用するのか? ハーバード大学の研究チームが、そのメカニズムの解明に乗り出した。

外的刺激がもたらす治癒効果

医学学術誌「Science Translational Medicine」でこのほど発表された論文では、マッサージガンを使用した際の治癒効果とそのメカニズムが細胞レベルで詳しく説明されている。論文によると、マウスを使った実験では機械によるマッサージ(メカノセラピー)は回復を早めるだけでなく、筋肉をより強化することが明らかになったという。

「マッサージを始めとするメカノセラピー(機械的療法)が体に及ぼす有益な効果については、多くの人が研究しようとしてきました。しかし、これまで体系的かつ再現性のある方法で実施されていなかったのです」と、ハーバード大学ビース研究所のソ・ボリ博士は説明する。

研究チームは、ハーバード大学バイオデザイン研究室のソフトロボティクス専門家と協力し、マウスの手足にかかる力を監視・制御できる小型の装置を開発した。装置はマッサージガンを模倣してつくられており、柔らかいシリコーン製の先端部分がマウスの筋肉を刺激する。

実験では脚を損傷させたマウスの筋肉に2週間かけて一定の間隔で同じ強度の力を繰り返し加え、超音波の画像データを用いてさまざまな負荷をかけたときの組織の“ひずみ”の量を予測・検証した。

するとどうだろう。治療を受けた筋肉では損傷した筋線維の減少がより顕著で、筋線維の断面積も大きくなっていた。つまり、マッサージ治療を受けた筋肉は、受けてない筋肉に比べて早く強く回復したということだ。2週間の期間で比べたところ、マッサージ治療を受けた筋肉は受けてない筋肉に比べて2倍の速さで再生し、組織の瘢痕化(損傷した線維が残ること)も減少したという。

筋肉再生の仕組み

この驚きのメカニズムは、どういうものなのだろうか? 研究チームは、マッサージがもたらす再生と強化は炎症を引き起こす細胞が筋肉組織から押し出されたことによるものだと考えた。実際にマッサージを始めて3日後の分析では、広範囲の炎症因子であるサイトカインの一部がマッサージを受けた筋肉内で激減していた。

またサイトカインの減少と連動するように、マッサージを受けた筋肉では受けてない筋肉と比べて好中球(白血球の一種)の数も少なくなっていた。これは理にかなっている。好中球はサイトカインに引き寄せられるので、サイトカインが減少するにつれて損傷部位に集中的に移動する好中球も減少するはずだからだ。