朝晴れエッセー

地域みんなの応援団・11月14日

10月17日の日曜日。延期していた運動会の日。1週間前から週間天気予報とにらめっこ。予報ではどうも、土曜日から日曜日の朝にかけて雨が降ることは変わらない。

朝6時半に登校して薄暗い運動場を見ると、小雨の降る中4、5人の先生方がスポンジで吸水作業。とってもとっても、運動場の水たまりの水は減ることはない。

7時15分。運動会開催の可否を協議。「これから天候は回復に向かう」「せめて、遅らせて団体演技だけでも保護者に見てもらいたい」等々の意見をもとに、「遅らせて運動会を実施」を決定。

ところが、開催すると決めてから、雨が止む気配もなく、8時過ぎまで小雨が降り続く。市内の小学校ホームページを見ると、本日実施予定の小学校は7時の時点で延期を決定。妥当な判断である。

そうこうしているうちに、子どもたちは登校してくる。先生方は子どもを教室で迎える。運動場整備の手が足りない。「中止もやむなしか…」

運動場へ行ってみると、PTA会長はじめPTAの皆さん、青少年指導員の皆さんなど、地域を支える20人ほどが吸水作業に徹してくださった。「大丈夫。この人数でやれば、1時間後には整備が終わるよ」。子ども会会長からの心強い言葉だった。

運動会は10時に開催できた。団体演技だけであったが、保護者の皆さんに子どもの「一生懸命」を見ていただけた。この天候の中、実施できたのは地域の力。

運動会の後片付けの中、「この小学校に通わせてよかった」。1人のお父さんの言葉が今も忘れられない。

岩倉孝治 63 大阪市東成区