話の肖像画

渡辺元智(13)全国制覇あと1人…まさかの落球

広島商との決勝戦で打席に立つ横浜高校の富田毅選手
広島商との決勝戦で打席に立つ横浜高校の富田毅選手

(12)にもどる

《昭和47年秋、1年生エースの永川英植、中心打者の長崎誠、富田毅らの活躍で甲子園への道をこじ開けた》


秋の神奈川大会を制して出場した関東大会では、初戦の大宮、準決勝の木更津中央と打線が好調で快勝し、決勝で江川卓投手のいる作新学院と当たりました。この年代はどこのチームも打倒・江川です。うちもどこまで「昭和の怪物」の異名をとる江川を打てるのか、と挑みました。結果は4安打で完封され、三振は16個も奪われました。全然かすらない。真ん中のストレートがグーンと伸びあがってくる。どうしてもボール球を振ってしまう。選抜大会ではまた対戦すると思い、畳を5、6枚重ねてマウンドの前から打撃投手に投げさせ、とにかく速い球を打つ練習をしました。

ただうちには江川に匹敵する永川がいる。豪速球なら互角で、江川にはカーブがあったが、永川はストレート一本。変化球があれば手が付けられなくなると思いましたが、余計なことは教えませんでした。とにかくストレートを磨け、と。永川の持病である貧血はこのころだいぶ良くなり、全国でも戦えるのでは、との手応えはありました。

関東大会準優勝で選抜大会出場はほぼ確実だったのですが、出場校決定の連絡がくるまでは長かったですね。高校野球連盟に膨大な選考資料を提出したのですが、当時は不祥事での出場辞退を考慮した選考委員が来て、学校の雰囲気や練習風景などを視察していたのです。何が起こるかわからない。ようやく出場決定の連絡が入ったときの安堵(あんど)感は忘れられません。


《横浜高校の甲子園出場は38年夏以来、春は初出場となる》


初戦の小倉商との延長十三回の激闘を長崎のサヨナラ満塁本塁打で制し、勢いに乗れました。2戦目は山倉和博(元巨人)がいた東邦を永川が完封し、準決勝は長崎に大会2本目となる決勝3ランが出て鳴門工に4―1で勝利、決勝に進みました。さあ作新だ、江川だ、と思っていたら、広島商が足を絡めた機動力で江川を攻略したのです。決勝は広島商とやるのか、逆にやっかいだな、と感じたことを覚えています。

当時、広島商は「真剣の刃渡り」で知られる精神力の野球で、高校生離れした落ち着きと戦略で全国制覇を重ねてきた強豪校です。広島商の練習を見学させてもらったことがあるのですが、「真剣の刃渡り」の精神がグラウンドの隅々まで浸透していました。グラウンドにごみひとつ落ちていないんです。練習も本当に能率がいい。あの時代、信じられないほどの短い時間で練習が終わっていたことには驚きましたね。伝統校との決勝戦前、永川なので失点はある程度は計算はできるが、果たして今までやってきた力でねじ伏せる野球が通用するのか、と思案にくれていました。


《決勝戦は永川投手、広島商の佃正樹投手の息詰まる投手戦に。両校無得点のまま延長戦となった》


技巧派の佃投手の前に安打は出るのですが、なかなか得点が挙げられない。九回表には2死一、二塁で沢木佳実がセンター前に運んだものの、二走の西山茂が本塁突入したのですが、達川光男捕手(元広島)の好ブロックにあってタッチアウト。広島商の守りはやはり堅かった。

ところが十回表、相手のバント処理のミスと佃投手の暴投で1点が入った。その裏、2死三塁となり、全国制覇まであと1人というところまできた。ここでレフトにハーフライナーが打ち上がった。ああ終わった、優勝だ、と思った瞬間、信じられないことが起きたのです。レフトの富田がグラブにボールを当てながら落球、同点のランナーが生還してしまいました。甲子園球場の雰囲気が一気に変わり、頭に血が上ってくるのを感じていました。(聞き手 大野正利)

(14)にすすむ