九州で再び鳥インフル疑い

 鹿児島県は14日、出水市の養鶏場で新たに実施した鳥インフルエンザの簡易検査で陽性を確認したと発表した。国の遺伝子検査で陽性が確定すれば、九州で今季2例目。国内では、秋田県の養鶏場で初の感染例が発生している。

 鹿児島県によると、新たな疑い例が出た養鶏場は13日に1例目の高病原性鳥インフル陽性が確認された農場から約2・5キロに位置し、採卵鶏約1万1千羽を飼育。動物衛生研究所の遺伝子検査で高病原性と判明した場合、全羽を殺処分し、半径10キロ内の計118農場で、鶏と卵の移動や搬出を制限する。

 1例目の発生を受けた13日のウイルス分離検査で疑わしい検体が見つかり、14日に簡易検査をした。

■鳥インフルで3万8千羽殺処分を終了 鹿児島